full version

1/3ページ

日本経済どうすれば回復?熊谷内閣官房参与に聞く(2020年12月21日)

新型コロナウイルスの影響で、さまざまな仕事に就いている人が影響を受けています。日本の経済は、どうすれば回復するのでしょうか。大和総研のチーフエコノミスト・熊谷亮丸さんに聞きます。 熊谷さんは、経済・金融について助言などを行う内閣官房参与でもあり、菅総理と月に1回ほど会っています。 (Q.どのようなやり取りをするのでしょうか) 50分から1時間くらい、私のほうから足元の経済状況とか、こういう政策を打ったらいいのではないかなど伝え、最後は総理が決断します。 21日に閣議決定された来年度予算案は、今年度第3次補正予算案と合わせ、政府は“15カ月予算”と位置付けて、コロナ対策を強化しています。 すでに『GoToトラベル』や、雇用調整助成金の特例措置などが延長され、持続化給付金や家賃支援給付金は、1月までで申請期間が終了します。 (Q.支援策は、これで十分なのでしょうか) かなり経済効果はあって、例えばGoToトラベルは約1.4兆円の予算で、3.6倍くらいの約4.9兆円の効果があって、雇用では約46万人。雇用調整助成金は、毎月約33万円をサポートする。従来は派遣、週20時間未満の労働の方は入っていませんでしたが、そこについても33万円をやっていく。緊急小口資金、最大22万円は年度末まで延長します。総じてみれば、手厚く手を打っています。 (Q.数カ月、GoToトラベルを停止して、感染が落ち着いてから再開では、ダメなのでしょうか) 政権がやろうとしているのが、社会・経済活動の持続性と感染防止の両立ですが、今は感染が拡大しているので、感染を防止するということにウェイトを置くことが必要である。ただ、いろいろな議論があるかと思いますが、GoToトラベルによって感染が拡大したというエビデンスがないと思っています。韓国やドイツなどのデータを見ても、感染者数は日本と同じ動きをしている。今回、止めたのは、国民に対するアナウンスメント効果。政府の姿勢を示す国民へのメッセージだった。また、予防的な観点から止めたと。今後は、感染の状況を見極めながら、いつ再開するか、慎重に探っていくという状況です。 (Q.GoToトラベルは、恩恵を受ける人は限られています。ほかの新たな対策について熊谷さんのアイデアは何でしょうか) 今は、医療を支えるということが最大の経済対策。今回5兆円くらいの予算で手当てするということで、例えば病床の確保など、手厚くやることが喫緊の課題です。GoToに関しては、感染リスクのない飲食店のデリバリーなどにポイントをつけることも考えられます。トラベルについても、もう少し、感染が落ち着いたとき、例えば、PCR検査とセットにするとか、従来以上に感染防止対策を強化して、安全なトラベルをやっていくなどが考えられます。 (Q.収入が減ったり、仕事を失った人への支援するスピード感が遅いという声もありますが、支援はどうなっていますか) IT化が進んでいればスピーディーにできますが、日本は諸外国の中で圧倒的に給付金のスピードが遅い。IT化が進んでいないから、国民の所得のリアルタイムで把握できない。そのため、本当に困っている人が特定できない。ここは将来の課題として、解決していきます。 大和総研では、ワクチンが普及した場合は急速に回復していくなど、3つのシナリオを想定しています。 (Q.来年以降の日本経済は、何がポイントになりますか) 結局、ワクチンや感染状況次第というのがあります。中長期的で見ると、菅政権は“グリーン化”と“デジタル化”の2本柱に据えて、成長戦略を打っています。グリーンな社会をどんどん作っていけば、私の計算だと、2040年にかけて240兆円の環境投資が出てきます。これは、毎年、GDP=国内総生産を1.2%ずつ押し上げる。例えば一人あたりのGDPが今、420万円くらいですから、これが毎年、5万円くらい上がるくらいの効果がある。デジタル化ですが、これをしっかりやって効率がよくなると、毎年、GDPが1.1%くらい伸びるわけですから、このグリーンとデジタルを2本柱として、成長戦略を打つことです。 ... Read More | Share it now!

「どんなリスクも冒さないで…」「深刻にとらえて…」「互いに距離をとって…」新型コロナ 海外重症患者からの警鐘 (20/04/01)

アメリカやヨーロッパでは日本の患者数、死者数を大きく超えており、状況はより深刻です。 「どんなリスクも冒さないで・・・」 「深刻にとらえて・・・」 「禁煙して・・・」 「互いに距離をとって・・・」 「感染者の一人にならないで・・・」 重症化した人たちの訴えをお聞きください。 —タラ・ジェーン・ラングストンさん(39)— みなさん・・・(咳) これくらいなら大丈夫だろうと考えているあなた、私を見てください。 私は今ICUにいます。 (鼻のチューブを示して)これがなければ呼吸ができません。 身体には何本もの管が挿されています。 見えますか?... Read More | Share it now!

中国・韓国はコロナ感染者増えず・・・日本と何が違う?(2020年11月13日)

日本と同じように冬が近づいている中国や韓国ですが、新型コロナウイルスの感染が、かなり低く抑えられています。 中国では、日本のような“ウィズコロナ”ではなく、“ゼロコロナ”政策の取り組みが功を奏しています。中国ではスマートフォンのアプリで行動の履歴が監視され、『感染リスクあり』と判定された人は、公共交通機関を使えなくなったり、店などに入れなくなったりします。また、海外からの帰国者は2週間、強制的に隔離されます。個人の自由を徹底的に制限してまでも行う“ゼロコロナ”。日々、感染者は出ていますが、気づけば、累計は日本よりも少なくなりました。 上海市民:「中国の対応は100点。個人情報が気になるところはあるが、協力すべきところは、協力しなくてはいけない」 韓国でも“第3波”とみられる感染拡大の兆候は表れ始めています。海外からの入国者を含めると、感染者は6日連続の100人台ですが、日本に比べると、感染者数は常に少数で推移しています。その秘密は、コロナに対する“強い姿勢”です。マスク着用義務は8月から始まっていますが、13日からは罰金が加わりました。正しくつけていない場合も、罰則の対象になります。さらに、韓国も入国者には、徹底した隔離を行います。行動はGPSで監視され、毎日2回の検温が義務付けられています。隔離義務に違反すると逮捕され、厳しい罰則が科されることもあります。 ... Read More | Share it now!

新型コロナ対策でも活躍 自衛隊・感染症専門部隊(2020年10月3日)

都会の中の駐屯地を奥に進むと、その特殊部隊の隊舎はあります。 陸上自衛隊対特殊武器衛生隊。通称、「対特衛」。 生物兵器などを使ったテロに対応するための「感染症のエキスパート」が揃った専門部隊です。 この日は、新しく着任した隊員に対して、感染症対策の基本である個人防護具着脱の訓練が行われていました。 身に着ける防護具は9種類。破損がないか確認します。 この個人防護が現場では命に関わってくるため、皆、真剣な表情をしています。 教えているのは部隊に来て8年目の矢内唯2等陸曹(放射線技師)。 「(ウイルスは)見えなかったり、すぐ計測して分かるものではない」 「常日頃から意識して我々、訓練をやっている」 もっとも感染リスクが高くなるとされる「脱衣」。 重要なのは、スーツの外側に触らず、ゆっくり丸めながら脱いでいくことです。 隊員たちも一つ一つ指導を受けながら、慎重に防護服を脱ぐ訓練を行います。 対特衛の隊員は約90人。 医師、看護師、臨床検査技師などの資格を持つ隊員が多く、首脳会議の開催地などに派遣され、万が一に備えることもあります。 新型コロナウイルス第1波に見舞われた今年2月から5月までに、隊員35人がPCR検査や空港検疫、帰国者の生活支援などに派遣されました。 医師である伊藤弘毅2等陸尉は「ダイヤモンド・プリンセス」号に派遣され、PCR検査の検体採取などにも携わりました。 対特殊武器衛生隊 伊藤弘毅2等陸尉(医師) 「ゾーニングの観点が一番大きくて清潔不潔を普段から意識して訓練を行うんですけど、いつもの訓練通りそのまま、ダイヤモンド・プリンセス号でも実践できたかなという形です」 日々繰り返している感染症に関する教育や訓練が実際に役に立ったという自信が、いま彼らの士気を高めているといいます。 8月のある日。 これから3日間にわたって行われる大規模訓練のため、特別な装備を使うといいます。 「Bユニット」。正式名は「生物剤対処用衛生ユニット」。 畑中弥奈1尉(医師) 「Bユニットはドーム型の施設ですけども、細菌兵器やウイルスが使われた時に外に漏らさないようにしつつ、中で患者さんの検査及び治療が行える施設です。自衛隊ではここの隊のみになっています」 今回、日本で唯一の特殊装備を使った訓練をテレビカメラで取材することが初めて許されました。 2時間ほどで5つのテントが繋げられ、まるで野戦病院のようになりました。 「Bユニット」は患者を受け入れる「陰圧病室ユニット」と「検査ユニット」で構成されます。 「検査ユニット」は、大型トラック2台。 これまでに確認されている、全ての細菌やウイルスの検査ができるといいます。 毒性や感染性がある検体を検査する想定のため、厳重になっているといいます。 中にはどのような機材があるのでしょうか。 伊藤弘毅2尉(医師) 「見せることはできません」 「どういう生物剤に強いか弱いか対処能力が分かってしまうので」 一方、陰圧病室ユニットの内部は複数の5つの部屋に分かれていて、病室部や検査部などに加え、患者用にシャワーやトイレも用意されています。 心電図モニターなどの機材と医療資材を揃え、患者の応急治療が可能です。 空調設備でテント内の空気を引き込み、中の気圧を下げ、フィルターで浄化して外へ。ウイルスなどが漏れるのを防ぎます。 テント内で出た汚水はエアコンの水すら回収し、感染拡大の防止を徹底しています。 いよいよ訓練開始。 生物兵器に触れた可能性がある患者を収容するという想定です。 訓練では、患者が持つ“感染性物質”の特定と、治療が同時に行われます。 感染性物質の検査では、外部に漏れないように、徹底的な対策と手順が取られました。 患者の応急処置が続く中、司令部指揮所である本部テントに検査ユニットから特定された物質が報告されます。 その後、患者の治療方針や移送計画が決定。 応急治療が終わり、患者を病院に送り出すところまでで訓練が終了。 猛暑のなか、防護具を着たままの患者対応、課題もあるようです。 リーダーを務めた小柳哲史2曹(救急救命士) 「汗の処置とか、熱がこもることに対してどうやっていくのか」 「体力もつけないとダメだね」 対特衛の任務の基本は「絶対に感染を広げないこと」。 第102対特殊武器治療隊長 石神徳郎2佐 「個人防護具の着脱、失敗したら我々が感染源になってしまいますので、知識も技術も繰り返し繰り返し同じことをやります」 徹底した基本の積み重ねが、コロナ対応の現場でも生きたと、隊員たちは振り返ります。 ... Read More | Share it now!

新型コロナウイルス感染を防ぐために私たちができること

感染拡大の勢いがとまらない新型コロナウイルス。感染を防ぐために、私たちが今できることをまとめました。 HTBでは関連情報を下記、特設サイトにまとめています。 https://www.htb.co.jp/news/ ... Read More | Share it now!

1 3
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus