CDC

1/2ページ

コロナ対策で「過度な消毒不要」 米CDCが研究発表(2021年4月12日)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、今や生活の一部となった“消毒”ですが、「過度な対策はいらない」との研究結果が出ました。  アメリカのCDC(疾病対策センター)は、物の表面に付着した新型コロナウイルスへの接触が原因で、感染するリスクは「1万分の1より小さい」と発表したのです。  手洗いを徹底すればリスクは下げられるとしたうえで、何よりもウイルスを吸い込まないように、ソーシャルディスタンスの確保や、マスクの着用が重要だとしています。  ウイルスへの接触での、感染リスクが低いという発表について、会社員の女性は「でも、消毒はやっぱり続けますね。自分が菌を持っていて、誰かを傷付けてしまうのは怖いので、それは今後も気を付けていきたい」と話していました。 ... Read More | Share it now!

アメリカの死亡率約15%増 新型コロナが要因か【新型コロナ】

アメリカの保健当局は、去年のアメリカの死亡率が15%あまり増加したと発表しました。新型コロナウイルスの感染拡大が要因のひとつと考えられます。  アメリカのCDC=疾病対策センターは先月31日、2020年のアメリカの死亡率が前の年(2019年)と比べて15.9%増加したことを明らかにしました。亡くなった人の数は、人口10万人あたりで2019年が715.2人だったのに対し、2020年は828.7人に増加しました。  新型コロナウイルスへの感染を要因とする死亡は10万人あたり91.5人と推計されていて、死因としては心疾患、ガンに次ぐ3番目に多かったということです。  アメリカでは新型コロナの感染拡大によって、これまでに55万人以上が亡くなったと報告されています。(01日03:42) #新型コロナウイルス... Read More | Share it now!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus