肺炎

1/2ページ

東京都新型コロナウイルス感染症対策本部会議(令和2年1月30日)

都は、30日、「東京都新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置するとともに、同本部会議を開催しました。 この動画は、30日に開催された同本部会議のダイジェスト映像です。 この会議で、知事は改めて「万全の対策」を指示し、各局からは帰国者への医療相談体制強化、中小企業向け相談窓口の設置等、新たな対応が報告されました。 会議の資料等はこちらからご覧になれます↓ https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/taisaku/topics/1000019/1006282/1007259.html ... Read More | Share it now!

【実話】コロナの影響でマスクを着けて授業を受けて亡くなった学生…【漫画動画】

今回は、マスクを付けて授業を受けていた学生が亡くなってしまった悲しい事故になります…😭💦 学生の方も大人の方も気をつけて下さいね…😭💦 今回もお楽しみください😌✨ 世界フシギ図書館は、世界のフシギなことを漫画にしていきます! 世界フシギ図書館では、幼い頃に図書館に行って 「あの本なんだろう?あっちの本もなんだろう?何が書かれているんだろう?」 とワクワクした「あの感覚」を思い出して頂いて是非、一冊の本を手に取る感覚で 動画を楽しんで頂ければと思っております! 皆様と一緒に【世界一ステキな図書館】にしていきたいと思いますので宜しくお願い致します! “また来たい”と思って頂ける図書館を作っていきますので、 高評価、コメント、チャンネル登録、宜しくお願い致します! ・世界フシギ図書館_ツイッター @S_F_Library 使用した効果音:OtoLogic(https://otologic.jp) 使用したBGM:甘茶の音楽工房(https://amachamusic.chagasi.com/) #世界フシギ図書館実話 #実話 #マスク #運動 #コロナ #自粛 #stayhome ... Read More | Share it now!

新型コロナウイルス肺炎 対策急ぐ 国内でも感染者増える

新型コロナウイルスの感染者が国内でも増えています。感染を防ごうと人が集まる施設では対策を急いでいて県の相談ダイヤルにも問い合わせが相次いでいます。   静岡駅前のホテルでは、新型コロナウイルスのニュースが出始めた約1週間前、フロントに消毒液を設置しました。  静鉄ホテルプレジオ・静岡駅南・八木佑理加さん「お客様に安全と健康を考慮して、お持ち帰り用のマスクもを提供しています」  感染を予防してもらうため持ち帰りマスクを置いています。英語と中国語の表記もあります。フロントの従業員にもマスクをつけるように指導しているということです。  八木さん「現在実施している消毒液の設置や、お渡しするカードキーの消毒対応や、お持ち帰りマスクの提供に加えて、早急に対応できることがあれば、柔軟に対応していきたい」  県疾病対策課によりますと、専用の相談ダイヤルを1月17日に設置してから1月31日午後4時までに103件の問い合わせがあったということです。中国から帰って熱があるけど大丈夫かといった相談のほか、静岡空港での対策などを確認する内容があるということです。  静岡市は、1月31日午後、各部局との情報共有を図る連絡会議を開きました。  田辺信宏静岡市長「今後の感染拡大の可能性を憂慮すると、担当部局による対応に加え、静岡市一丸となって対応することも考えていかなければなりません」  会議では、宿泊施設や人が集まる施設に対する注意喚起や相談対応を行っていることが報告されました。また、2月には医療関係者との連絡会を開き、感染が疑われる人が発生した場合の対応について改めて、確認する方針です。  浜松市は友好都市の浙江省杭州市と遼寧省瀋陽市に、あわせてマスク7400枚と防護服や防護メガネなどのセット460組を送ることを決めました。  鈴木康友浜松市長「中国でまず拡大を抑止することが重要。友好都市との関係もありできる限りの支援をしたい」  今週初めに、協力要請があったということです。送る準備ができ次第、発送するということです、また、浜松市は新型コロナウイルスの影響で2月、市内の宿泊施設で中国人観光客を中心に2万人以上のキャンセルが発生し、約4億円の経済損失になると予測しています。 ... Read More | Share it now!

脳梗塞リスクも・・・新型コロナ“新症状”専門家に聞く(20/05/06)

新型コロナウイルスの症状は、これまでに発熱やせき、味覚・嗅覚障害、肺炎などがわかっていましたが、欧米では子どもの感染者を中心に、血管に炎症が起こる『川崎病』に似た症状が確認されていて、新型コロナウイルスとの関連性が疑われています。 川崎病は、主に4歳以下の乳幼児がかかる原因不明の病気です。全身の血管が炎症を起こし、高熱や発疹などの症状が出るほか、心臓の血管にこぶができ、狭心症や心筋梗塞を引き起こす恐れがあります。1967年に小児科医の川崎富作医師によって最初に報告されました。 アメリカのニューヨーク市では、川崎病に似た症状で2~15歳の子ども15人が入院しました。そのうち10人が、PCR検査で陽性、もしくは過去に感染していたことを示す抗体が確認されました。新型コロナウイルスとの関連はわかっていません。ニューヨークのデブラシオ市長は5日、子どもがいる家庭に向けて「非常にまれですが、目立った症状として発熱・発疹・腹痛・おう吐などが子どもたちにみられます」と呼び掛けました。イギリスでは、人数の公式発表はされていませんが、現地メディアによりますと、これまでに少なくとも19人が高熱や動脈部の腫れといった症状で搬送されました。なかには重症化し、人工心肺装置『ECMO』が必要になった子どももいたといいます。同じような症例はフランスやイタリアなどでも確認されていて、6カ国で100人近くに上ります。 同じ血管に関する症状では、成人でも新型コロナウイルスが脳梗塞など血栓に関連する合併症を引き起こすこともわかってきました。アメリカのブロードウェーで活躍する俳優、ニック・コルデロさんは、合併症で右脚を切断しました。集中治療室で治療を受けていましたが、しばらくすると血栓ができるようになったといいます。このほかにも、脳梗塞や心筋梗塞、しもやけのような症状も関連が疑われています。 感染症学が専門の昭和大学医学部・二木芳人客員教授によりますと、こうした症状には血管に関連する障害が共通していて、新型コロナウイルスそのものが血管を攻撃するという可能性や、ウイルスが感染したことによって“免疫細胞が暴走”する『サイトカインストーム』が起きて、血管の内側の細胞を害することによって、血栓や炎症を起こすことが原因ではないかと推測されていますが、今のところ明確な関連性は証明されていません。また、比較的、若い世代に起こりやすいということで、小さな子どもも含めて注意していく必要があるということです。 ... Read More | Share it now!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus