結果

新型コロナウイルスの抗体検査 東京都は1.35%(2021年3月30日)

厚生労働省が全国5都府県で実施した新型コロナウイルスの抗体検査の結果が公表され、最も多い東京都でも抗体を持っている人は1.35%にとどまることが分かりました。  厚労省は去年12月に東京、大阪、宮城、愛知、福岡で約1万5000人を対象に新型コロナウイルスに感染したことがあるかを調べる抗体検査を実施しました。  その結果、抗体を持っていたのは東京が1.35%、大阪が0.69%、宮城が0.14%、愛知が0.71%、福岡が0.42%でした。  こうした厚労省の検査は去年6月に続いて2回目で、東京は1回目の0.1%から13.5倍に増えました。  しかし、厚労省は「地域差があるものの、依然として多くの人が抗体を保有していないことが確認された」として、「引き続き基本的な感染防止対策の継続が推奨される」としています。 ▲このニュースはテレビ朝日が開発した「AIxCGアナウンサー... Read More | Share it now!

新型コロナウイルスの抗体検査 東京都は1.35%(2021年3月30日)

厚生労働省が全国5都府県で実施した新型コロナウイルスの抗体検査の結果が公表され、最も多い東京都でも抗体を持っている人は1.35%にとどまることが分かりました。  厚労省は去年12月に東京、大阪、宮城、愛知、福岡で約1万5000人を対象に新型コロナウイルスに感染したことがあるかを調べる抗体検査を実施しました。  その結果、抗体を持っていたのは東京が1.35%、大阪が0.69%、宮城が0.14%、愛知が0.71%、福岡が0.42%でした。  こうした厚労省の検査は去年6月に続いて2回目で、東京は1回目の0.1%から13.5倍に増えました。  しかし、厚労省は「地域差があるものの、依然として多くの人が抗体を保有していないことが確認された」として、「引き続き基本的な感染防止対策の継続が推奨される」としています。 ▲このニュースはテレビ朝日が開発した「AIxCGアナウンサー... Read More | Share it now!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus