治療薬

「アビガン」もとに ロシアで新型コロナ治療薬販売(2020年9月22日)

ロシアの薬局で、日本のインフルエンザ治療薬「アビガン」をもとにした新型コロナウイルスの治療薬の販売が始まりました。  ロシア国内では、21日から「コロナビル」など2種類のロシア製の治療薬の販売が始まりました。コロナビルは50錠、約1万8000円で、購入には医師の処方箋(せん)が必要となります。  薬局店長:「(Q.効果はありますか?)新型コロナの初期と中期に効果があります」  コロナビルは、日本の富士フイルム富山化学が開発した新型インフルエンザ治療薬「アビガン」のジェネリック医薬品です。ロシアの製造元は「投与した患者の半数以上に1週間以内に症状の改善がみられた」とコメントしています。 ... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

【3分で読める概要つき!】新型コロナウイルス感染症「夢のメディ神殿2021スペシャル#1」

〈テーマ〉 全人類を脅かしている新型コロナウイルス感染症。 多くの命が奪われる中、治療薬の開発に向けて研究が急ピッチで進んでいます。 そして、未知なる敵の正体が少しずつ見えてきました。 感染のメカニズムが明らかになるにつれ、治療のターゲットも定まりつつあります。 世界的な感染爆発「パンデミック」の勢いを食い止めることはできるのか? 新型コロナに立ち向かう、治療薬開発の最前線に迫ります! ▼チャプターリスト 00:00... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

新型コロナ治療にインフルエンザ薬「アビガン」検討(20/02/22)

新型コロナウイルス感染症の治療について、厚生労働省がインフルエンザの治療薬「アビガン」などを使用する方向で検討し、手続きを進めていることが分かりました。  肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感染症に有効な治療薬はまだ開発されていません。そこで、厚労省は別の病気で使用されている治療薬で効果があるかどうか検証を進めていますが、民間の製薬会社がインフルエンザの治療薬として開発したアビガンなど複数の治療薬について、使用する方向で手続きを進めているということです。加藤厚労大臣は22日朝のテレビ番組で「できることはやる。効果があるかどうか確認して所定の手続きを踏んだうえで使っていきたい」と話し、手続きに必要な期間についても「数日間をイメージしている」との見通しを示しました。 ... Read More | Share it now!

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受 […]

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus