外国語

1/3ページ

「アビガン」もとに ロシアで新型コロナ治療薬販売(2020年9月22日)

ロシアの薬局で、日本のインフルエンザ治療薬「アビガン」をもとにした新型コロナウイルスの治療薬の販売が始まりました。  ロシア国内では、21日から「コロナビル」など2種類のロシア製の治療薬の販売が始まりました。コロナビルは50錠、約1万8000円で、購入には医師の処方箋(せん)が必要となります。  薬局店長:「(Q.効果はありますか?)新型コロナの初期と中期に効果があります」  コロナビルは、日本の富士フイルム富山化学が開発した新型インフルエンザ治療薬「アビガン」のジェネリック医薬品です。ロシアの製造元は「投与した患者の半数以上に1週間以内に症状の改善がみられた」とコメントしています。 ... Read More | Share it now!

「マスク買えませんか」北朝鮮の大使たちが北京で(20/02/01)

各国に駐在する北朝鮮の大使たちが赴任地に戻るため平壌を出発しました。北朝鮮でも新型コロナウイルスが大きな関心を集めています。  平壌から経由地の北京空港に到着した北朝鮮の大使たちです。全員がマスクをしています。マスクがない男性はジェスチャーで迎えの仲間にアピールしています。  北朝鮮・趙炳哲(ゾ・ビョンチョル)駐アンゴラ大使:「(Q.北朝鮮にも肺炎患者がいますか?)いませんよ」  北朝鮮のウェブサイトは「感染が疑われる者を隔離している」と発表していて、国内で疑わしい事例が出ている可能性があります。  北朝鮮政府関係者:「どこかでマスクを買えませんか?」  記者:「中国でも売り切れで買いにくいです」  一方、北京空港では1日に「消毒液」と書かれた大量の箱が平壌行きの便に積み込まれる様子が捉えられました。 ... Read More | Share it now!

“世界初”新型コロナの抗体持つ赤ちゃん誕生(2021年3月17日)

アメリカの小児科医が新型コロナウイルスの抗体を持った赤ちゃんが生まれたと明らかにしました。  ギルバート小児科医:「我々の知る限り、妊婦がワクチン接種後に出産した赤ちゃんが抗体を持って生まれてきたと報告された世界で最初のケースです」  アメリカ南部・フロリダ州で、1月下旬に生まれた女の赤ちゃんから新型コロナウイルスの抗体が確認されたということです。  母親は妊娠36週目にモデルナ社のワクチンを1回接種し、3週間後、2回目を打つ前に女の子を出産しました。  小児科医らは、抗体のレベルやどのくらい力が持続するかなどについて今後調べる必要があるとしています。 ... Read More | Share it now!

米CDC『接種後マスクなしOK』専門家に聞く(2021年3月9日)

アメリカでは、新型コロナウイルスの新規感染者が6万人程度まで減ってきていて、一時の最悪な状態から脱しています。ワクチンは一日あたり220万人が接種していて、トータルの回数は世界一です。その数は、間もなく1億回で、次のステージを見据えた動きが始まっています。そんななか、CDC=アメリカ疾病対策センターは、ワクチン接種後の指針を公表しました。 CDC・ワレンスキー所長:「苦難の1年だったが、ワクチンを接種者が増え、山を越えそう。そんななか、ワクチン接種を終えた人ならリスクの低い活動を再開できるめどが立った」 例えば、これまで孫が祖父母に会おうと思うと、ありとあらゆる対策が必要でした。しかし、高齢者側が、ワクチン接種を終えていると、単一の世帯であれば、マスクを着用せず、ソーシャルディスタンスもなしに会うことが可能になります。また、他人同士でもワクチン接種を終えた人同士なら、マスクなしで屋内で集まっても感染リスクは低いとしています。 CDC・ワレンスキー所長:「ワクチン接種を終えた人は、感染者と接触しても、無症状であれば、隔離や検査は必要ない。この新たな指針が日常活動の再開に向けた第一歩となるはず」 今回のCDCの指針について、感染症学が専門の国際医療福祉大学・松本哲哉主任教授は、「ワクチンを接種すれば 感染リスクは減らせるが、ゼロになるわけではない。変異ウイルスの問題もあるので、“マスクを外していい”とはならない」と話します。 なぜ、CDCがこの指針を出したのでしょうか。 現地のメディアによりますと、アメリカでは人口の9.5%が接種を終えていて、「まだマスクをしないといけないのか」「孫に会えるのか」など、CDCに問合わせが殺到したため、ガイドラインを作ったといいます。 CDCは、ワクチンを接種しようかどうか迷っている人に対して、「ワクチンを受ければ、こんな未来がありますよ」と、きちんと提示することで、接種を促す効果にも期待できるとしています。 ... Read More | Share it now!

新型コロナウイルス“99.9%除去”マスク 仏で発売(2021年2月25日)

フランスのベンチャー企業が新型コロナなどのウイルスを99.9%除去する効果があるとしたマスクを発売しました。  ウイルスを除去するとされるマスクは、フランスのビオセレニティ社がリール大学などと共同で開発し、16日に発売されました。  マスクは3層構造となっていて、真ん中の層が新型コロナなどのウイルスやバクテリアを殺す効果を持つ素材で作られています。  触れたウイルスなどを5分で99.9%除去できるということですが、人体への影響はないとしています。  ビオセレニティ社担当者:「(まずは)医療関係者や医療施設、看護する側や患者に。その後、できるだけ早く市民全員に行き渡らせたいと思っています」  マスクは種類によって1枚40円から200円ほどの値段で、ビオセレニティ社は将来、日本にも輸出したいとしています。 ... Read More | Share it now!

1 3
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus