中国

1/9ページ

新型コロナウイルス 中国“感染疑い”を排除 各国で「隔離」の動き

道のど真ん中に、仁王立ちならぬ「仁王座り」で陣取り、車の往来を妨害している男性。 テーブルに貼られた紙には、「外部の者は通過できない」と書かれていた。 どうやら、感染者の侵入を警戒しての行動。 そのたたずまいは、まるで三国志に描かれた大将軍・関羽を思わせる。 拡大の一途をたどる、新型肺炎の猛威。 海外では今、感染者を排除しようという思惑から、大混乱が起きていた。 30日朝、全日空のチャーター機で羽田空港に到着した、第2陣の帰国者たち210人。 そのうち、発熱などの症状があった13人が、東京都内の病院に搬送された。 現地では、さらにおよそ300人の日本人が、帰国を希望しているという。 29日に到着した第1陣の帰国者の中からは、3人の感染が確認され、うち2人については、特段の症状がないにもかかわらず感染している、国内初のケースだった。 一方、中国本土での死者は、170人まで増加。 新たに、チベット自治区でも感染者が確認され、ウイルスの猛威は中国全土にまで拡大している。 その恐怖と不安の中で、感染を疑われる人を排除しようとする動きが広がっている。 中国の農村部では、バイクに乗ってやってきた人物の進入を阻止しようと、地元の住民が実力行使。 大木を振りかざし、追い払おうとしていた。 別の場所では、ショベルカーを使って道を土砂でふさぐという大胆な行為も。 また、ある場所では、ロープのようなものでふさがれた道を通ろうとした運転手らが、オレンジ色の服を着た監視員とみられる男性と大げんか。 監視員とみられる男性が、道に倒れて抵抗を見せていた。 中国当局は、通行妨害行為を違法として、悪質なケースに対しては摘発を進めている。 一方、当局による過激な封じ込めも。 当局「もう外に出ないようにしてくれる?... Read More | Share it now!

北京“最大の市場”でクラスター 中韓で感染者増加(20/06/15)

2カ月間、新型コロナウイルスの新規感染者ゼロが続いていた中国・北京でクラスターが発生しました。クラスターが起きたのは、北京に流通する野菜の7割を供給する市内最大の食品卸売市場です。11日に最初の感染者が出てから、わずか4日間で79人にまで増えました。調査結果が出ていない2人を除き、感染者のほぼ全員が市場で働く人や利用客です。市場は閉鎖され、周辺一帯も封鎖されました。閉じ込められた住民たちは、地域住民やお店の助けを得ながら“2度目の封鎖生活”を余儀なくされています。感染は他の地域にも拡大していて、遼寧省で2人、河北省で3人の感染者が見つかりました。いずれも北京の患者たちと濃厚接触があった人たちです。北京市は「非常時に入った」と宣言し、屋内にあるすべての娯楽施設が営業停止になりました。市場では、魚介類を扱うまな板などから新型コロナウイルスが検出されましたが、感染源の特定には至っていません。中国共産党系の機関紙は、北京市感染症対策チームの専門家の意見として「今回のウイルス株は欧州由来だ」と伝えています。 一方、韓国では、先月5日に新型コロナウイルスを封じ込めたとして全面的に自粛要請を解除しましたが、その後、クラスターが発生し、29日に再要請しました。しかし、その後も一日に50人近い感染者が出ていて、韓国政府は12日、新規感染者が1ケタになるまで、外出自粛強化期間を無期限で延長するとしました。  韓国保健福祉部・朴凌厚(パク・ヌンフ)長官:「今週も毎日40~50人の感染者が出ていて、96.4%が首都圏での発生だ。 ... Read More | Share it now!

中国 海外旅行商品の販売と団体旅行などを中止(20/01/25)

27日から団体旅行やパッケージツアーでの中国から日本など海外への渡航が禁止されます。  中国旅行社協会は、全国の旅行会社が25日から団体旅行やパッケージツアーの販売を中止すると発表しました。すでに出発している旅行については日程通り行われるということです。 ... Read More | Share it now!

新型コロナ収束で一転 露店称賛 中国“手のひら返し”の裏側

中国当局がこれまで厳しい取り締まりを行ってきた露店での商売だが、新型コロナが収束すると、一転、露店を称賛する事態となった。 この手のひら返しのわけとは一体何だったのか。 中国・北京市の郊外。 街角に突如現れたのは、路上でものを売る露店。 数日前から、この一角には露店が並ぶようになった。 衣服を売る店、アクセサリー、さらにはペットのネコを売る店まで登場した。 子ネコを売る露店では、1匹およそ9,000円と、かなりの低価格。 その理由は…。 露店主「ネコの繁殖をやっているが、今経済が悪く、ペットショップの方も売れないので露店で売りに来た」 高級ブランドのバッグによく似た商品を女性客に売り込む露天商も。 露店を訪れた客「枕カバーを買ったわ。スーパーよりもかなり安い。1枚10元(約150円)」、「わたしたちも(露店を)やりたい。露店がはやっているし、いい小遣い稼ぎになるでしょう」 値段の安さなどから評判は上々。 こうして突如露店が増えた背景には、新型コロナウイルスの影響がある。 当局と激しくぶつかり合う露天商の男性。 実はこれまで当局は、歩道の不法占拠や衛生上の問題などから、露店を厳しく取り締まってきた。 頭にバケツのようなものをかぶせられ、殴られる露天商の男性。 店を手伝う子どもも、容赦なく突き飛ばされる。 中国の国営メディアは、問題視するどころか、取り締まりの正当性を強調。 ところが、感染拡大が落ち着いた5月、事態は急変した。 李克強首相「(西部のある都市で)3.6万の露店スペースを設けたところ、一夜で10万人が就業した」 李克強首相が、露店による雇用への効果を称賛。 すると、国営メディアも、まるで手のひらを返したように露店をべた褒め。 北京市は、露店は首都にふさわしくないとして禁止の方針だが、一部の地区では、露店の出店を事実上容認している。 露店主「きのうは20元(約300円)稼いだ。それでも悪くない。ラーメン1杯食べられる」、「われわれのような小店主にも、ことしはどうにか生き延びさせてほしい」 新型コロナウイルスの影響で、大都市に出稼ぎに来る労働者の生活も深刻化する中国。 露店の奨励には、社会の不安定化を招きかねない失業対策としての狙いがあるが、あまりのご都合主義には批判の声も上がっている。 (2020/06/10) #新型コロナウイルス #猫 FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/ チャンネル登録をお願いします! http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH ... Read More | Share it now!

症状が出る2日前から感染力 中国疾病予防センター(20/02/22)

中国の疾病予防センターは、新型コロナウイルスについて感染者に症状が出る2日前から感染力があることを明らかにしました。  中国の疾病予防センターの研究員は21日、中国中央テレビのインタビューでこれまでの分析結果から新型コロナウイルスの感染者には「発熱などの症状が出る2日前から感染力があると分かった」と述べました。そのため、これまでは症状が出た後に接触した人を「濃厚接触者」としていましたが、今は症状が出る2日前に接触した人も濃厚接触者とするよう判定基準を変えたということです。また、中国政府の衛生当局は最速で4月から5月に一部ワクチンの臨床試験を行うと明らかにしました。 ... Read More | Share it now!

1 9
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus