ロシア

「アビガン」もとに ロシアで新型コロナ治療薬販売(2020年9月22日)

ロシアの薬局で、日本のインフルエンザ治療薬「アビガン」をもとにした新型コロナウイルスの治療薬の販売が始まりました。  ロシア国内では、21日から「コロナビル」など2種類のロシア製の治療薬の販売が始まりました。コロナビルは50錠、約1万8000円で、購入には医師の処方箋(せん)が必要となります。  薬局店長:「(Q.効果はありますか?)新型コロナの初期と中期に効果があります」  コロナビルは、日本の富士フイルム富山化学が開発した新型インフルエンザ治療薬「アビガン」のジェネリック医薬品です。ロシアの製造元は「投与した患者の半数以上に1週間以内に症状の改善がみられた」とコメントしています。 ... Read More | Share it now!

ロシア 新型コロナ感染者が世界で4番目の多さに(20/05/12)

ロシアの新型コロナウイルスの感染者数の増加に歯止めが掛からず、イタリアを上回って世界で4番目の多さになりました。  ロシアの保健当局は11日、感染者が22万1000人を超えたと発表しました。イタリアを上回り、アメリカ、スペイン、イギリスに次いで4番目に多くなっています。  ロシア、プーチン大統領:「ロシア全土で産業の休業期間を終了する」  そうしたなか、プーチン大統領は12日から製造業や建設業などの活動を再開するよう指示をしましたが、感染の状況はさらに悪化する恐れがあります。モスクワなどの大都市では今月末まで通勤などを除く外出禁止令の延長がすでに決まっています。 ... Read More | Share it now!

ロシア首相が新型コロナに感染 39度の発熱症状も(20/05/01)

ロシアのミシュスチン首相(54)は自身が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにしました。  ロシア、ミシュスチン首相:「たった今、私の新型コロナウイルスの検査結果が陽性だと分かりました」  ミシュスチン首相は先月30日、プーチン大統領とのオンライン会議で感染を報告しました。地元メディアによりますと、39度台の発熱などの症状があるということです。この事態を受け、当面はベロウソフ第1副首相が首相の職務を代行することが決まりました。今年1月から首相を務めているミシュスチン首相はすべての国際線の運航を停止させるなど、新型コロナウイルス対策の指揮を執っていました。 ... Read More | Share it now!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus