マスク着用

ワクチン接種世界一のイスラエル、屋外でのマスク着用が不要に【新型コロナ】

世界最速ペースで新型コロナのワクチン接種が進む中東・イスラエルでは、感染者が激減していることを受け、屋外でのマスク着用義務が解除されました。  マスクをつけずに散歩したり、日光浴を楽しんだりする人たち。イスラエル政府は18日、去年4月から義務付けていた屋外でのマスク着用義務を1年ぶりに解除しました。  今年1月には1日の新規感染者が1万人以上いた日もありましたが、今月に入って100人を下回る日もあり、保健省は「ワクチン接種の結果、感染がおさえられている」と判断しました。保健省によりますと、イスラエルでは全人口の半数以上にあたるおよそ500万人がワクチンの2回の接種を終えているということです。日常が戻りつつありますが、屋内の公共施設やショッピングモールなどでは引き続きマスクを着用する必要があります。  保健当局は新たな変異種による感染拡大には今後も警戒が必要としていて、海外からの入国には厳しい制限が課されるほか帰国する国民にも入国後の自主隔離が求められています。(19日08:23) #イスラエル... Read More | Share it now!

アメリカ感染拡大懸念 春休みで密集に 感染者数3000万人超

全米での新型コロナウイルスの感染者数が3000万人を超えました。春休みで人が集まる様子が見られ、感染拡大が懸念されています。 フロリダ州マイアミビーチには、春休みの影響で多くの人が集まっています。夜間に密集した状態で路上パーティーが行われていたことから、20 日土曜日に、非常事態を宣言し、午後8時以降の夜間外出禁止令が出されました。春休み期間中で1000人以上が逮捕されているということです。警察は「直ちに平和的に解散してください」と人々に警告しましたが、コショウの入ったペッパーボールを使うなどし、強制的にパーティーを解散させる場面もありました。こうした事態を受け、21日日曜日、マイアミビーチは夜間外出禁止令を4月12日まで延長しました。毎週木曜日から日曜日に適用され、期間中は一部の道路も通行止めとなります。マイアミは、陽性率が9%と全米都市部の中で最も多く、フロリダ州は、イギリス型の変異ウイルス感染者数が1042人で、全米で最多です。 全米の新規感染者数は、20州で増加していて、イギリス型の変異ウイルスは49州とワシントンDCなどで8337人に確認されています。また、ニューヨーク市では、20日土曜日、初めてブラジル型の変異ウイルスへの感染者が確認されたと発表されました。感染が確認されたのは市内に住む男性で、最近の渡航歴はなく、市中感染の可能性が高いということです。CDC疾病対策センターのワレンスキー所長は「アメリカはパンデミックの重要な岐路に立たされている状況です。」と語りました。 24日水曜日、全米の1日の新規感染者数はおよそ8万7000人、これまでの感染による死亡者数は54万5000人以上となっています。 例年は州外から訪れる大学生が春休みにフロリダのビーチを賑わすのですが、捜査当局によると今回逮捕されたほとんどが学生ではなく、州内と州外からの大人だということです。この理由として、コロナで落ち込んだ旅行産業が「コロナ・ディール」とも呼ばれる格安チケットを出していて、中には往復の航空券を$50~60で買ったという人もいるということです。またホテルも大幅に値下げしています。さらには、フロリダはコロナによる行動規制がほぼないことで知られ、太陽とビーチを安く自由に満喫できるとして人々が殺到したということです。 ——————————————————————————- チャンネル登録は https://www.youtube.com/channel/UCsrenKRLoXCWKyuR6klNT9g?sub_confirmation=1 この動画の詳細は FCI... Read More | Share it now!

新型コロナウイルス感染症ミニ講座②(マスク着用の必要性について)

岡山県クラスター対策班専門家が送る新型コロナウイルス感染症ミニ講座第2弾。なぜ常にマスクをしないといけないのかということや、マスク着用による効果について取り上げています。ぜひご覧ください!  マスク着用の必要性について    (講師 岡山大学病院総合内科・総合診療科 萩谷 英大 先生)    新型コロナウイルス対策本部事務局 医療調整班 感染防止対策グループ ... Read More | Share it now!

スウェーデンの新型コロナ対策 マスク着用など規制強化

ヨーロッパで新型コロナウイルスの感染が再拡大するなか、独自の緩やかな対策をとってきたスウェーデンが、公共交通機関でのマスク着用など規制の強化を発表しました。 スウェーデンでは、他のヨーロッパの国々とは対照的に一貫してロックダウンを行わず、これまではマスクの着用も推奨しない独自の緩やかな対策をとってきました。 しかし、これまでに死者は約8000人、1日の新規感染者数は1万人近くに迫るなど感染の拡大が止まらないため、ロベーン首相は18日、マスクの着用について方針を転換し、混雑時の公共交通機関では着用するよう勧めました。 また、今月24日からは飲食店で同席できる人数を4人までに制限することや、アルコール類の販売を午後8時以降は禁止するなど、さらなる規制の強化を発表しました。 こうしたなか、政府の感染対策の強化を受けて、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんはインスタグラムにマスク姿の写真を投稿し「社会や私たち人類のために行動する義務がある。私たち若者の責任は大きい」とコメントしました。 (2020年12月20日... Read More | Share it now!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus