デイサービス

“全国クラスターマップ”公開 コロナ感染50人超も(20/03/16)

50人以上のクラスターが確認されている場所も示されています。厚生労働省が公表した、全国のどこでクラスターが発生しているのかを示す地図。クラスターは10の都道府県で15カ所確認されています。  新潟市では50代女性の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表しました。感染した50代女性は新潟市内に住む福祉施設職員で、14日に感染が判明した新潟市内の80代男性が女性の勤務先のデイサービス施設を利用していて、濃厚接触があったといいます。北海道では感染した80代男性が死亡したと明らかにしました。道内での死者は6人目です。  一方、海外旅行に行った人の帰国後の行動が明暗を分けています。大阪府に勤務する60代の男性職員は先月下旬に10日間、フィリピンを旅行したといいます。その後、今月14日の検査で陽性と判明しました。男性は11日まで5日間、出勤しましたが、その際にマスクを着けてはいませんでした。「マスクをしても効果がないと思った」と話しているといいます。  一方、東京・調布市では3人の感染を確認。新たに感染した3人のうち1人は調布市役所の男性職員でした。先月28日から今月7日までイタリアを旅行していました。男性職員は帰国後に自宅待機していて市民や職員と接触していないことから、職場の消毒は必要ないということです。  厚生労働省は大学教授ら専門家の分析に基づいて各地域で発生した感染者の集団を規模別に示しました。10都道府県の15カ所で集団感染を起こした場所があり、北海道では2カ所でライブバーや展示会を介した感染が広がりました。東京は1カ所で10人以上の感染が発生しました。大阪は1カ所で、全国で最も多い50人以上のクラスターが確認されました。厚労省ではクラスター対策班の専門家を各地に派遣し、感染の広がりを食い止めるための追跡調査を進めています。  開館のあいさつとともにお客さんから起こった拍手。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で臨時休館していた沖縄の美ら海水族館が2週間ぶりに再開しました。入り口にはサーモグラフィーを設置して体温確認を行うほか、室内の換気、さらに館内をモニターでチェックして混雑を解消させるなどの対策を行っています。  100万本のチューリップが出迎える長崎県のハウステンボスも16日から約2週間ぶりに一部営業再開となりました。レストランはテーブルの間隔を広げ、座席も減らして利用者の接触に配慮。アトラクション器具も消毒を徹底しています。悩んだ背景には「チューリップ祭りを見たい」「ハウステンボス、頑張っている」などファンからの声がありました。  大阪の通天閣。感染拡大が続くなか、営業休止はせず時短で営業を続けていました。気になるのは足の裏を触るとご利益があるというビリケンさんですが、アルコール消毒を置き、これまで通りビリケンさんに触れるように対策をしています。ビリケンさんに触った後、お客さんはアルコールで手を消毒していました。あえて営業を続ける通天閣の取り組み。そのご利益はこんなところにも。社長自ら並べているのは賞味期限が近付いてきたお土産品。観光地でお客さんが減ったため、業者が在庫に抱えていたものを営業を続ける通天閣で販売することに。しかも、お客さんにもうれしい半額です。賛否の声が上がるなか、苦渋の選択で営業を続けているという通天閣の高井社長。  通天閣観光・高井隆光社長:「皆さんが言っていること(意見)がすべて正しいので、それを聞いて判断する。 ... Read More | Share it now!

“全国クラスターマップ”公開 コロナ感染50人超も(20/03/16)

50人以上のクラスターが確認されている場所も示されています。厚生労働省が公表した、全国のどこでクラスターが発生しているのかを示す地図。クラスターは10の都道府県で15カ所確認されています。  新潟市では50代女性の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表しました。感染した50代女性は新潟市内に住む福祉施設職員で、14日に感染が判明した新潟市内の80代男性が女性の勤務先のデイサービス施設を利用していて、濃厚接触があったといいます。北海道では感染した80代男性が死亡したと明らかにしました。道内での死者は6人目です。  一方、海外旅行に行った人の帰国後の行動が明暗を分けています。大阪府に勤務する60代の男性職員は先月下旬に10日間、フィリピンを旅行したといいます。その後、今月14日の検査で陽性と判明しました。男性は11日まで5日間、出勤しましたが、その際にマスクを着けてはいませんでした。「マスクをしても効果がないと思った」と話しているといいます。  一方、東京・調布市では3人の感染を確認。新たに感染した3人のうち1人は調布市役所の男性職員でした。先月28日から今月7日までイタリアを旅行していました。男性職員は帰国後に自宅待機していて市民や職員と接触していないことから、職場の消毒は必要ないということです。  厚生労働省は大学教授ら専門家の分析に基づいて各地域で発生した感染者の集団を規模別に示しました。10都道府県の15カ所で集団感染を起こした場所があり、北海道では2カ所でライブバーや展示会を介した感染が広がりました。東京は1カ所で10人以上の感染が発生しました。大阪は1カ所で、全国で最も多い50人以上のクラスターが確認されました。厚労省ではクラスター対策班の専門家を各地に派遣し、感染の広がりを食い止めるための追跡調査を進めています。  開館のあいさつとともにお客さんから起こった拍手。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で臨時休館していた沖縄の美ら海水族館が2週間ぶりに再開しました。入り口にはサーモグラフィーを設置して体温確認を行うほか、室内の換気、さらに館内をモニターでチェックして混雑を解消させるなどの対策を行っています。  100万本のチューリップが出迎える長崎県のハウステンボスも16日から約2週間ぶりに一部営業再開となりました。レストランはテーブルの間隔を広げ、座席も減らして利用者の接触に配慮。アトラクション器具も消毒を徹底しています。悩んだ背景には「チューリップ祭りを見たい」「ハウステンボス、頑張っている」などファンからの声がありました。  大阪の通天閣。感染拡大が続くなか、営業休止はせず時短で営業を続けていました。気になるのは足の裏を触るとご利益があるというビリケンさんですが、アルコール消毒を置き、これまで通りビリケンさんに触れるように対策をしています。ビリケンさんに触った後、お客さんはアルコールで手を消毒していました。あえて営業を続ける通天閣の取り組み。そのご利益はこんなところにも。社長自ら並べているのは賞味期限が近付いてきたお土産品。観光地でお客さんが減ったため、業者が在庫に抱えていたものを営業を続ける通天閣で販売することに。しかも、お客さんにもうれしい半額です。賛否の声が上がるなか、苦渋の選択で営業を続けているという通天閣の高井社長。  通天閣観光・高井隆光社長:「皆さんが言っていること(意見)がすべて正しいので、それを聞いて判断する。 ... Read More | Share it now!

“新型コロナ”高齢女性死亡 全国で感染者756人に(20/03/15)

名古屋市で新型コロナウイルスへの感染が確認されていた高齢の女性が死亡しました。  名古屋市は14日、市内に住む高齢の女性が新型コロナウイルスによる肺炎で死亡したと発表しました。女性は感染者が相次いでいるデイサービスに関係していて、感染が確認された後に入院していました。愛知県で死亡した感染者はこれで11人になりました。一方、東京都では14日に30代から70代までの男女9人の新たな感染が確認されました。このうち3人は発症前にヨーロッパに滞在していました。一日で9人の感染確認は都では最多です。群馬県では病院に勤務する医師とその妻の感染が確認されました。医師はせきなどの症状が出てからも診察を続けていたということです。このほか、北海道や愛知県、兵庫県などでも感染者が確認されていて、ANNのまとめでは14日までの全国の感染者数は756人です。 ... Read More | Share it now!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus