アメリカ

1/7ページ

新型コロナ アメリカは感染再び急増 ブラジル死者5万人超に

レストランなど、相次いで営業を再開したアメリカ・ニューヨーク。 一方、南米ブラジルは、感染爆発が止まらない中で経済活動を緩和。 新型コロナウイルスの感染拡大が、アメリカで最も深刻だったニューヨーク。 これまでの制限が大幅に緩和された。 テイクアウトのみが許されていた飲食店は、テラスでの営業を再開。 ニューヨーク州のクオモ知事は、「地獄の111日を終えて、どの州よりも、どの国よりも感染拡大を抑制できている」と述べた。 コロナ感染拡大の期間を「地獄の111日」と振り返り、経済活動の緩和を宣言した。 しかし、同じアメリカでも、カリフォルニア州では再び感染が拡大。 元州知事の“シュワちゃん”こと、アーノルド・シュワルツェネッガー氏が、マスクの着用を呼びかけ、再び危機が? 感染者の減少が進むニューヨークでは、テラスでの飲食店の営業が可能に。 ニューヨークでは、「3カ月ぶりの外食なので、わくわくしている」との声が聞かれた。 中には、少々“思い切った方法”で営業を再開する店も。 あるお店は、客たちはテラス席で食事を楽しんでいるが、ここだけでなく車道側にも座席がはみ出していた。 よく見ると、客席は歩道だけではなく、車道にまで。 市の許可をとり、バリケードも置いてあるが、客席のすぐ横を車が通り過ぎていく。 飲食店に加え、理髪店なども営業を再開。 一度に入れる客の人数は、通常の半分に制限されていて、透明のシートで客同士の距離を確保するなど対策を徹底。 久しぶりに訪れた客は、「待ちきれなくて髪を自分で切った。やはりプロに切ってもらうのがいい」と話した。 店内を見渡すと、客は全員マスクを着用。 これが現段階での決まりのため、ひげをそってもらうことはできない。 一方、カリフォルニア州では、元州知事の“シュワちゃん”こと、アーノルド・シュワルツェネッガー氏が現州知事らとともにマスクの着用を呼びかけた。 実は、アメリカ西部や南部などでは感染者が急増。 カリフォルニア州では、20日の新規感染者が、これまでで最も多い4,515人に達した。 カリフォルニアでは、5月に経済活動の一部を再開。 今回の感染者増加について、専門家は「経済活動再開が早すぎた」と指摘していて、第2波のおそれが強まっている。 そのアメリカに次いで、感染者数が世界2位となっているブラジル。 死者の数は5万人を超え、感染拡大は深刻さを増している。 最大都市・サンパウロ市内にある墓地。 防護服姿で、遺体の埋葬が行われている。 兄をコロナで亡くしたという女性は、「とても最近の出来事で、まだ傷が癒えません。元気だったのに…とてもつらいです」と話した。 感染者が急増し続ける中で、ブラジルでは6月に入って経済活動が加速。 商店街などにも人出が増えている。 しかし、WHO(世界保健機関)は、人口に対する検査数が少ないことを指摘。 実際の感染者数は、もっと多いとの見方を示した。 感染爆発が止まらない中での経済活動再開。 世界では、依然増え続けているコロナ感染者。 各地の経済活動再開は、今も危機と隣り合わせ。 (2020/06/23) #新型コロナウイルス FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/ チャンネル登録をお願いします! http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH ... Read More | Share it now!

死亡した黒人男性は新型コロナに感染していた(20/06/05)

死亡後のPCR検査で陽性の結果が出ました。アメリカで白人の警察官が黒人の男性を死亡させた事件で、死亡した黒人男性が新型コロナウイルスに感染していたと報じられました。  ニューヨークで行われた追悼式に参加したジョージ・フロイドさんの弟・テレンスさんは過激化する破壊行為をやめるように訴えました。追悼式にはデブラシオ市長も登場。テレンスさんとひじを合わせてあいさつしますが、先日に警官を取り囲んだデモ隊を非難したこともあったからか、ブーイング。聴衆も一斉に背を向けました。  そんななか、衝撃のニュースが・・・。CNNの報道によりますと、ミネソタ州の検視当局が亡くなったフロイドさんが新型コロナに感染していたとの報告書を公表。主任検視官によりますと、フロイドさんが亡くなった後に検体を採取し、PCR検査で陽性が判明したといいます。フロイドさんは4月3日の段階でも陽性の結果が出ていました。新型コロナがまだ収束していない状況ですが、抗議デモは全米に広がっています。密状態で行われる抗議デモにニューヨークでは・・・。  ニューヨーク州・クオモ知事:「デモに参加するなら検査を受けて下さい」  そうしたなか、警官による危険な押さえ込みが常態化していた疑惑が・・・。フロイドさんが亡くなる1週間前にフロリダ州で撮影された映像。後ろで手錠を掛けられ、倒れている黒人男性の首にフロイドさんの時と同じように警官がひざを押し当てているように見えます。さらに、ニューヨークでは近付いてきた男性を突き飛ばす警官が・・・。頭から血を流してピクリとも動かない男性。しかし、手当てをすることも気に掛ける様子もなく前進を続ける警官たち。  そんななか、過激な行為を取り締まる立場の警官のこんな行為が話題になっています。バリケードの前でひざまずく姿。これは、人種差別に対する抗議のポーズです。収まる気配を見せない抗議デモのなかで新たな動きとなるのでしょうか。 ... Read More | Share it now!

コロナワクチンに「有望な結果」免疫反応を確認(20/05/19)

アメリカのトランプ大統領がまだ承認されていない薬を服用していると発言し、波紋が広がっています。  アメリカのバイオ医薬品のベンチャー企業「モデルナ」社は18日、開発中の新型コロナウイルス用のワクチン「mRNA-1273」について、初期段階の臨床試験で良好な結果を得られたと発表。アメリカではワクチン開発への期待が高まっています。  18歳から55歳までの男女45人を投与するワクチンの量で3つのグループに分けて臨床試験を行った結果、全員から新型コロナウイルスの感染を防ぐ可能性のある抗体が確認されたとし、このうちの8人からは感染して回復した人と同程度か、それを上回る値の中和抗体が検出され、重篤な副作用もなかったということです。  モデルナ社は7月から数千人が参加する最終段階の臨床試験を始める予定で、ザックス最高医療責任者はアメリカメディアCNNに対して、早ければ来年1月にもワクチンを実用化できるかもしれないとの見通しを示しています。  そんななか、新型コロナウイルスのワクチンとしてまだ承認されていない薬をトランプ大統領が服用していることが分かり、波紋を広げています。トランプ大統領が感染しないようここ10日ほど毎日、服用しているのが抗マラリア薬のヒドロキシクロロキンです。この薬は現在、臨床試験は行われているものの効果があるかどうか分かっていないうえ、投与した患者の一部に心拍の異常が出る副作用の報告が出ています。  これまでにも新型コロナウイルス対策として消毒液の注射や紫外線または強力な光の体内照射など医学的に根拠のない発言をしているトランプ大統領。ヒドロキシクロロキンの効果を疑問視する人もいるが、トランプファンじゃないからだとしています。一方、アメリカ食品医薬品局はヒドロキシクロロキンについて、医療機関での治療以外、個人では服用しないよう注意を呼び掛けています。 ... Read More | Share it now!

5月18日 オバマ前大統領が現政権を批判 新型コロナウイルス対策

5月18日 オバマ前大統領が現政権を批判 ... Read More | Share it now!

5月11日 新型コロナウイルス 対策チーム主要メンバー3人が自主隔離

5月11日 新型コロナウイルス... Read More | Share it now!

1 7
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus