アビガン

新型コロナ治療にインフルエンザ薬「アビガン」検討(20/02/22)

新型コロナウイルス感染症の治療について、厚生労働省がインフルエンザの治療薬「アビガン」などを使用する方向で検討し、手続きを進めていることが分かりました。  肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感染症に有効な治療薬はまだ開発されていません。そこで、厚労省は別の病気で使用されている治療薬で効果があるかどうか検証を進めていますが、民間の製薬会社がインフルエンザの治療薬として開発したアビガンなど複数の治療薬について、使用する方向で手続きを進めているということです。加藤厚労大臣は22日朝のテレビ番組で「できることはやる。効果があるかどうか確認して所定の手続きを踏んだうえで使っていきたい」と話し、手続きに必要な期間についても「数日間をイメージしている」との見通しを示しました。 ... Read More | Share it now!

アビガンで新型コロナ症状早く改善 承認を申請(2020年10月16日)

承認されれば日本の製薬会社が作る初めての新型コロナ治療薬となります。  富士フイルムは「アビガン」について、新型コロナウイルスの治療薬として製造販売の承認を申請したと発表しました。3月末から行われていた臨床試験で新型コロナの患者に対してアビガンを投与すると症状が早く改善することが確認でき、安全性の面でも新たな懸念事項は認められなかったということです。厚生労働省が承認すれば「レムデシベル」「デキサメタゾン」に続いて新型コロナの治療薬としては3例目となり、日本の製薬会社が開発した薬としては初めてとなります。 ... Read More | Share it now!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus