コロナウイルス 海外

1/28ページ

「新型コロナ」感染者数 世界2位のインド 世界遺産再開も感染増加深刻に(2020年9月22日放送 news every.より)

感染者が急増しているイギリスで、来月中旬には1日の感染者が、およそ5万人に達する可能性があるとの見通しが示されました。 一方、ジャズファンの聖地とも言われるアメリカ・ニューヨークの店では、営業再開のメドがたたない中、新たな試みを始めていました。 #日テレ #newsevery #新型コロナウイルス #COVID19 #最新ニュース ◇日本テレビ報道局のSNS Twitter https://twitter.com/news24ntv Facebook https://www.facebook.com/ntvnews24/ Instagram https://www.instagram.com/nippontv.news24/ ◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS... Read More | Share it now!

【ドイツ 新型コロナ】海外最新情報、現在の世界の状況まとめ | 8月3日 | Yufeld

【ドイツ 新型コロナ】海外最新情報、現在の世界の状況まとめ | 8月3日 |... Read More | Share it now!

新型コロナ感染防止に向けた海外旅行における取り組みとお客様へのお願い

阪急交通社は、お客様と従業員、各国・各地域のみなさまの健康と安全を第一に考え、 お客様に安心して旅行をお楽しみいただけるよう安全対策を徹底いたします。 ◎海外旅行を安心してお楽しみいただくための当社の取り組みはコチラ↓  https://www.hankyu-travel.com/kaigai/common_message/ ◎海外旅行再開に向けての当社の取り組みはコチラ↓  https://www.hankyu-travel.com/kaigai/saikai_info/ #阪急交通社 #海外旅行... Read More | Share it now!

海外特派員オンライン報告会1「中国の今…上海・香港」

  • 2020.09.22

テレビ東京の海外特派員が新型コロナウイルスの対策や現状などをテレビ会議方式で報告します。第1弾は「中国の今」と題して、上海と香港からの報告です。 ※撮影は日本時間4月28日夜 出演者:相内優香(テレビ東京アナウンサー)     菅野陽平(テレビ東京上海支局長)     岡谷直子(元WBSディレクター)など ▽海外特派員オンライン報告会2... Read More | Share it now!

インフルと新型コロナ 同時感染で重症化の恐れ(2020年9月15日)

「インフルエンザとの同時感染で症状が重くなる危険性も」。長年、コロナウイルスを研究してきた専門家は秋から始まるインフルエンザ流行期を前にワクチン接種の重要性を指摘しています。  東京農工大の水谷哲也教授は、新型コロナウイルスの流行前からコロナウイルスを研究してきた数少ない研究者の一人です。水谷教授によりますと、一般に、1つのウイルスが感染するとインターフェロンなどの免疫作用で2つ目のウイルスは感染しないと考えられていました。  しかし、中国・武漢の重症患者の50%がインフルエンザにも感染していたとする海外の研究結果が出てきました。この研究によりますと、新型コロナとインフルエンザに同時感染すると全身の免疫が暴走する「サイトカインストーム」が早まり、発生回数も多くなるとみられています。  新型コロナウイルスは細胞に感染すると細胞内でインターフェロンが作られるのを阻害していることが分かっています。この仕組みがインフルエンザとの同時感染の原因になっているかは分かっていませんが、水谷教授は「秋から始まるインフルエンザの流行期に備えて高齢者を中心に、なるべく多くの人がワクチンを打つことが重要だ」としています。  また、過去に日本などで新型コロナウイルスに近い未知のウイルスが蔓延(まんえん)し、多くの人に新型コロナへの免疫があるという考え方については否定的です。「仮にそういうウイルスが存在した場合、症状が軽いか無症状のため新型コロナウイルスと同じように短期間で世界中に蔓延しているはずで、日本やアジアだけが防御できることにはならない」としています。  さらに、新型コロナウイルスの感染を防いでいる未知のウイルスがあるなら新型コロナウイルスの抗体検査で抗体が検出されるはずですが、「日本の抗体保有率は0.1%から3%で、未知のウイルスには感染していないと考えられる」と指摘しています。  では、なぜ日本の致死率が低いのか。水谷教授は医療機関の頑張りやマスクの着用、手洗い、ソーシャルディスタンスが影響しているとみています。そして、新型コロナ禍の収束には安全で有効なワクチンが鍵になるとしています。  さらに水谷教授は、“次”を見据えた対策が必要だとも強調します。2002年のSARS(重症急性呼吸器症候群)、2012年のMERS(中東呼吸器症候群)、2017年のSADS(ブタ急性下痢症候群)、2019年の新型コロナと新たなコロナウイルスが現れるサイクルが短くなっているからです。  東京農工大学・水谷哲也教授:「SARSもMERSも国内で感染者を出していないので、対岸の火事のようなところがあった。しかし、今回の新型コロナはまさに我々が経験していて多くの犠牲者を、尊い命を失っているわけなので、ここからは学ばなきゃいけないんです。 ... Read More | Share it now!

1 28
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus