初の『マスク義務化』感染者“最多”のアメリカ(20/04/09)

初の『マスク義務化』感染者“最多”のアメリカ(20/04/09)

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、アメリカの大学のデータでは、感染者が世界全体で150万人を超えました。最も感染者が多いのはアメリカで、約43万人と、世界の感染者の28.5%を占めています。

ニューヨーク州では、一日で779人が亡くなり、過去最多となりました。病床不足も深刻化していて、歴史あるセント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂が臨時病院として使われることになりました。アメリカメディアによりますと、この大聖堂には400床のベッドが運び込まれ、早ければ今週にも患者の受け入れが始まるといいます。

アメリカ第2の都市、カリフォルニア州ロサンゼルスでは、アメリカ初となるマスク着用の義務化を発表しました。10日からは、食料品店や薬局、飲食店、ホテル、タクシー、建設現場などの従業員に加え、客側にも着用が義務付けられます。ロサンゼルス郡では、一日の感染者が4日の709人をピークに減少していましたが、7日に再び上昇し始めています。アメリカ最大の日本人街『リトル東京』では、飲食店はテイクアウトの店だけが営業し、それ以外は閉店。美容室や理髪店も臨時休業となっています。1903年創業という老舗の和菓子店『風月堂』の三代目店主・ブライアン鬼頭さんは「暴動や同時多発テロも経験しているが、あの時の静けさとよく似ている。ただ、その時よりもはるかに長期化していて終わりが見えない」と話しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus