人が病人を決めるという医療

人が病人を決めるという医療

今回の騒動で用いられているPCR検査は、本当に医療の検査でしょうか。
 検査の対象となっているのは、わずかの長さの遺伝子断片であり、これと類似した遺伝子は人間の体内にたくさんあります。しかも、それぞれの人によって遺伝子は微妙に違っています。ほとんど未知の領域なのです。検査対象の遺伝子断片と類似した遺伝子を持っている人が陽性とされてしまいます。検査対象の遺伝子断片は、人が人為的に決めたものです。中国の論文に由来したものですが、これは本物のウイルスの遺伝子でしょうか。その明確な証拠もありません。
 ワクチンと呼んでいる謎の組み換え遺伝子mRNAも、この中国論文に起因する遺伝子配列から作られています。
 人が決めた遺伝子断片と類似した遺伝子を持っている人が病人とされ、人が決めた遺伝子組み換え注射が、国民全員を対象として行われようとしています。このような医療の現状を国民が理解する必要があります。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus