コロナ苦の納入業者に支援金 法人で最大40万円

コロナ苦の納入業者に支援金 法人で最大40万円

政府は、飲食店に食材などを納入している事業者に対して、支援金を給付することを決めた。

緊急事態宣言の影響は、納入業者にも大きく及んでいる。

東京都心のおよそ800の飲食店に、氷を納入しているこの業者。
午前6時すぎから、裁断作業にとりかかる。

飯倉商会・町田和之代表取締役「今はちょうど、2020年の1月に比べると半減か、もしくはもう少し減っているかなと」

家賃や電気代など、固定費でひと月およそ600万円かかっていて、経営状態は厳しさを増している。

政府は、こうした事業者などへの一時金支給を発表した。

梶山経産相「飲食店への納入事業者など、政府として一時金による支援を行う」

1都3県の飲食店に食材や商品を納入している全国の事業者が対象で、農家や漁業者なども含まれる。

1月または2月の売り上げが、2020年と比べ50%以上減少したことなどが条件で、法人で最大40万円、個人事業主は最大20万円が支給され、「できるだけ早く支給したい」とした。

飯倉商会・町田代表取締役「大変ありがたいとは思うが、事業規模に合わせた手厚い支援をしていただかないと、焼け石に水といっては失礼だが、十分な額ではないと」

効果的な支援につなげられるのか、課題が残ることになるもよう。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus