遺伝子組み換えウイルスワクチンを理解する

遺伝子組み換えウイルスワクチンを理解する

今回の騒動は、ワクチンを前提としたグローバルな問題と考えられます。日本においては、これまでと違った遺伝子組み換えワクチンを接種する計画が進められています。この遺伝子組み換えワクチンにどのような問題があるのかについては、マスコミ等で取り上げられることはほとんどありません。遺伝子組み換え食品に対しては、多くの国民が警戒心を持っています。しかし、今回計画されている遺伝子組み換えワクチンに対して警戒心を持っている人は少ないようです。
 ウイルスワクチンは、DNAワクチン、mRNAワクチンと比べると、より大きな問題を抱えています。遺伝子を組み換えて改変したウイルスですから、ワクチンとして体内に導入された後に細胞内で増殖します。DNA[ワクチンやmRNAワクチンは、体内に導入された後に増えることがありません。
 ウイルスワクチンは、筋肉細胞内に侵入して増殖したウイルスが、他の細胞に感染して広がります。このようにして、遺伝子組み換えウイルスが、体の中で増殖し、感染した細胞が増えていきます。結果として、遺伝子導入された新コロウイルスのたんぱく質が、細胞の中でつくられて、これがマクロファージなどに貪食されます。マクロファージが新コロタンパク質の情報をリンパ球に伝えて、リンパ球の一部が抗体産生細胞になり、抗体を産生すると考えられます。このウイルスの増殖は、宿主の免疫機構によって抑えられるはずですが、どの程度ウイルスの増殖が続くのかは不明です。また、炎症による副反応も、ある一定レベルまで避けようがないのです。個人の免疫能の違いが、副反応の出方に影響する可能性があります。
 このように、体内で増殖する遺伝子組み換えウイルスが、どのような影響を与えるのかについて未知数の部分が多いのが、遺伝子組み換えウイルスワクチンの特徴です。ワクチンの効果についても、検証できるほどに症例が少ないというのが現実です。そのような感染症に対して本当にワクチンが必要なのでしょうか。一気に大規模に導入すれば、不測の事態も起こり得ます。そもそも、このような危険性のあるワクチンを大規模に導入する必要があるのかについての、国民的議論が必要だと思われます。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus