コロナ対策の「持続化給付金」詐欺 計300万円を詐取したとされる男3人の初公判 起訴内容認める

コロナ対策の「持続化給付金」詐欺 計300万円を詐取したとされる男3人の初公判 起訴内容認める

新型コロナ対策の「持続化給付金」計300万円を詐取したとされる仙波大督被告(28)ら男3人の初公判が11日、京都地裁で開かれ、起訴内容を認めた。検察側は、仙波被告について「自分で申請をした経験から不正受給できると考えた」と悪質性を指摘した。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus