コロナワクチンをみんなで考えるために

コロナワクチンをみんなで考えるために

コロナワクチン導入の動きが新聞で報道されるようになりました。テレビにおいても、ワクチンに期待させるような番組が目につきます。このような報道は、国民を無意識のうちにワクチン社会へ誘導している印象があります。にわか仕立てのワクチンに、どのような問題があるのでしょうか。ワクチンの有効性にも疑問がありますが、とりあえずどのような副作用の危険があるのかについて、限られた人数での臨床治験での安全性確認から、国民全体のようにスケールアップする時の問題点を具体的に考えてみます。
 高等学校の数学で取り扱われる期待値の考え方で、スケールアップ時の副作用を生じる可能性のある人数(最大期待値)を計算します。このような数学的な計算は、高校生の実践的な勉強になると共に、疑問点を学校の先生に相談することにより、学校においても、実社会の問題を数学や理科の学習の一環として考えていただける機会になるのではないでしょうか。このような過程を通じて、にわかワクチンの問題点を、政府や行政、専門家などに任せるのではなく、国民が自ら考えるきっかけにする必要があります。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus