感染症と大統領選挙は深い関係があるのか

感染症と大統領選挙は深い関係があるのか

今回の感染症におけるマスコミの偏向報道は、病原体の存在やPCR検査法の妥当性、無症状の人が感染源になるという真偽などに関して、一方的な報道が繰り返されました。また、大統領選挙においても、一方的な偏向報道が顕著です。
 感染症の診断においては、PCR検査がゴールドスタンダードとして用いられてます。しかし、PCR検査がウイルス検査に使えるかについては、検証が出来ていません。もし、問題があれば、すべての検査データの見直しが必要になります。また、検査対象のウイルスの存在も科学的検証が出来ていません。
 大統領選挙において、票の集計システムに問題があるという指摘が出ています。また、集計のもとになっている票についても、様々な問題があることがわかってきています。これらの問題に関わっているとされているC国も共通点があります。
 マスコミの報道においては、これらの問題点については、一切報道しません。一方的にある方向に既成事実を作ろうという姿勢が露骨です。このような報道は、ワクチンやマスク社会などの方向への誘導を行うことに目的があるように思われます。。
 問題の根本には、共通の大きな力が働いています。もし、感染症の診断や票の集計システムに問題があれば、パンデミックや選挙の基本が成り立たなくなります。このような背景を捉えたうえで、謎の遺伝子組み換えワクチンとは、どのような意味があるのかについて、真剣に考える必要がありそうです。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus