保土ケ谷区新型コロナウイルス感染症対策講習会 第1部「地域の流行性感染症対策 中小病院立場から」

保土ケ谷区新型コロナウイルス感染症対策講習会 第1部「地域の流行性感染症対策 中小病院立場から」

新型コロナウイルス感染症については、病院や高齢者施設等で集団感染が多数発生し、本市においても令和2年8月時点では、感染者のうち約4割の方が、集団感染と何らかの関係が認められています。   
そのような状況を踏まえ、今後の感染拡大を防ぐためにも施設等における集団感染の予防は喫緊の課題であり、予防対策に重点を置いた研修を実施しました。感染対策指導者を養成することにより、施設における感染症の発生を防止し、発生時に適切な対応ができる施設内体制を整備することにお役立て下さい。なお、内容は講習日時点のものとなりますので、予めご了承ください。

1 内容 
(1)  講習日
    令和2年9月16日(水)
(2)  講習会概要
 ア 対象
  施設職員向け
 イ 講習テーマ
    第1部 地域の流行性感染症対策 中小病院立場から
    第2部 新型コロナウイルス感染症対策 プレザンメゾン横浜羽沢町での取組
    第3部 新型コロナウイルスの病態・感染経路・感染対策   

2 講師
(1) 国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター総合感染症科 
 医療教育部門 副部門長 森岡 慎一郎
(2) JCHO 横浜保土ケ谷中央病院 総合診療科
   医師 八百 壮大
(3) 医療法人社団 浅野医院 
   医師 黒田 理佐
(4) プレザンメゾン横浜羽沢町
   看護師 菅沼 道世

#StayHome #横浜 #うちで過ごそう
横浜市 保土ケ谷区

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus