新型コロナウイルス“感染”疑いで伊・クルーズ船の6000人足止め

新型コロナウイルス“感染”疑いで伊・クルーズ船の6000人足止め

イタリアのクルーズ船で新型コロナウイルスに感染した疑いがある乗客が見つかり、検査の間、乗客およそ6,000人が下船できない状態となった。

現地メディアによると、ローマ近郊の港に停泊しているクルーズ船の乗客の54歳の中国人女性が発熱し、新型コロナウイルスに感染した疑いがあるとして病院に搬送された。

検査の結果、女性は感染していなかった。

地元自治体は、検査結果が出るまでの間、この港で降りる予定だったおよそ1,100人にとどまるよう指示し、ほかの乗客もあわせておよそ6,000人が船内に足止めされた。

女性の夫も船に乗っていたが、症状は出ていないという。

(2020/01/31)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

★チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus