コロナ騒動を逆転発想で考える

コロナ騒動を逆転発想で考える

コロナ騒動において、新しい感染症の診断のために、PCR検査が使われているという認識が一般的なようです。つまり、診断の道具としてPCR検査が使われているというわけです。しかし、この認識は本当に正しいのでしょうか。感染症があるからマスクをするとか、自粛をしなければならないというのも同様です。病原体の正体がはっきりしないうちに、世界中の会社などが競い合ってワクチン開発をしているのも変な話です。これらの現象を理解するには、今回の総動が政治的な意図で演出されていると考えると、事実にあってきます。つまり、ワクチンのための、自粛・マスクであり、そのための感染症発生であり、そのためのPCR診断というわけです。このような逆転の発想は、政治的あるいは戦略思想としては一般的ですが、感染症は自然現象であるという先入観から、逆転の発想はなかなか受け入れられないようです。しかしながら、思い切ってこのような逆転の発想で考えると、コロナ騒動の実態がつかめるのではないでしょうか。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus