最高人民会議 マスクなしでコロナ阻止アピールか(20/04/13)

最高人民会議 マスクなしでコロナ阻止アピールか(20/04/13)

北朝鮮メディアは国会にあたる最高人民会議が12日に開かれ、新型コロナウイルス対策の予算などを承認したと報じました。金正恩委員長は出席しませんでした。

 13日付の労働新聞は、最高人民会議が予定より2日遅れで平壌で開かれた様子を伝えています。去年は金委員長が米朝首脳会談への意欲を示す演説をしましたが、今回は欠席しました。会議では経済部門の支出を増やす今年度の予算が承認され、特に新型コロナウイルスへの対策をにらんで建設を急いでいる平壌総合病院に資金を充てることが決められました。一方で、労働新聞に登場する人物は一時、全員マスク姿でしたが、今回の会議の出席者にマスクを着けた人は確認できません。国内へのウイルス流入を阻止しているという従来の主張を裏付ける効果を狙った可能性があります。会議では新たな外交方針は示されませんでした。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus