自衛官の採用試験がスタート 新型コロナ対策も(20/06/14)

自衛官の採用試験がスタート 新型コロナ対策も(20/06/14)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、遅れていた自衛官になるための採用試験がスタートしました。

 埼玉県の大宮駐屯地では今年初めてとなる採用試験が行われ、約50人が筆記テストや身体検査を受けました。新型コロナウイルスの感染拡大の観点から、試験官はフェースシールドを着け、受験生の間には透明のパーテーションを置くなどの措置が取られました。また、受験生が感染した場合などのため、受験する機会を複数回に増やすなどして採用に支障がないように対応したということです。自衛官試験の合格者は、約3カ月の基礎教育を受け、陸海空のそれぞれの基地・駐屯地で勤務するということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus